横浜のリサイクルショップ ナンバーワン買取センターは家具家電の買取に強い!2017年度買取実績NO.1宣言!

0120-821-007年中無休 受付時間 10:00~19:00
Home Category

東京・神奈川横浜リサイクルショップ・ナンバーワン買取センターからのインフォメーション

お風呂とシャワーのガス代、水道代、どちらが高い?

お風呂

こんにちは
なんだか急に寒くなりましたねcheeky
こんな日はゆっくりお風呂に浸かって温まりたいですね
「あ。でも、今までシャワーが多かったけど、お風呂になるとやっぱりガス代が上がってしまうのかしら・・。
冬ギリギリまでシャワーで我慢しちゃおうかなあ」なんて思ったりしましたか?

今日はお風呂とシャワーの水道代とガス代を比べてみました!


【水道代はどちらが高い?】
お風呂の湯量ですが、一般的に約200Lの水が必要な湯舟が多く出回っています。
シャワーはだいたい1分間で10Lの水を出します。
お風呂の水道代=シャワー20分の水道代

【ガス代はどちらが高い?】
ガス代の計算の仕方は、
「風呂のガス代=湯量(L)×上昇させる温度(℃)÷(ガスの燃焼量(kcal)×給湯器の熱効率(%))×ガス単価(円)」

ガスの単価を171円と設定、熱効率が90%、平均的な水道水の温度20℃を45℃に温めるとすると、、、。
この式に当てはめて計算をするとお風呂1杯分のガス代は「約70円」になります。
同じ計算でシャワーのガス代を計算すると、、、
15分で52円、20分で70円、25分で87円、となります。
お風呂の1杯分のガス代=シャワー20分

シャワー20分って、一人暮らしの方は十分洗い終わりそうな時間ですが、ご家族の場合はどうでしょう?
一人ひとりに割り振って計算すると、一人当たり5分の計算です
ちょっと洗い終わるには無理な時間ですね
ですので、ご家族でお風呂、となるとやはり浴槽にお湯を溜める方が経済的です
しかし!時間差、どうしても発生しますよね

ここで、チェックしてほしいのが、家族全員バラバラに入る場合の節約術

給湯器の設定、購入した時のままになっていないですか?

「保温時間の設定」というのがあるのですが、これ、大事です
この設定時間を少し長めにしておけば、誰も入っていない間のお風呂を沸かすことがないので、節約につながります。
もし、次の人が入るまで何時間もあいてしまうようであれば、一度切って、再度沸かす方が経済的です。
確認してみてくださいね

シャワーの温度と時間に注意!

シャワーの温度を1℃下げると1分で約0.2円、20分で約4円の節約になります。
4人家族で考えると、1日で約16円、1年で約5840円の節約になります。
けっこう変わりますね~
入浴中、換気扇をとめておくと、温まった空気が逃げません。
これなら、1℃くらいはすぐに下げられそうですね

シャワーヘッドを節水タイプに変えよう

シャワーヘッドを節水タイプに変更することで水もガスも約2割~5割も節約になると言われています。
仮に今まで10L使っていた水が8Lになった場合、5分の利用で約4円、ガス代の節約につながります。
1年では、ガス代だけで約1,460円もの節約。

ちなみに、節水ヘッドでは水の勢いが物足りない方(←勢いあるシャワーの方が気持ちいいですものね
シャワー使用時間を1日1回、5分短くした場合の効果は次の通りです

5分の水道代は11.4円、5分のガス代は17.5円なので
≪1年間の節約額は……≫
水道代11.4円×365日=4,161円
ガス代17.5円×365日=6,388円
お風呂の時のシャワーを5分短くするだけで1年で10,549円安くなります

お風呂は単に温まるだけでなく、疲れをとったりリラックスしたりするのにとても大切な役割を果たします
体や頭を洗った後、シャワーでなく、お風呂のお湯で流したり、残り湯を洗濯に使ったり、上手に節約しながら快適なお風呂タイムを過ごしてください


※ここに書いた金額は全て概算になります。ガス・水道の単価、熱効率によって金額は変わってきます。