横浜のリサイクルショップ ナンバーワン買取センターは家具家電の買取に強い!2017年度買取実績NO.1宣言!

0120-821-007 年中無休 受付時間 10:00~19:00
Home Category

古い家具は買取れるのか?【家具の年数と買取相場の関係】

古いけれど捨てられない、大切な家具をお持ちの方。

その古い家具をどうしよう、とお悩みではありませんか?

古い家具は、価値のない家具になってしまうのでしょうか。

いいえ。

そんな事はないかもしれません。

古いけれど価値のある家具、やはり価値はない古いだけの家具、この違いを解説していきたいと思います。



そもそも古い家具って買い取ってもらえるの?

古い家具はお金を払って粗大ごみとして出すしかない、と思っている方。

有料引き取りを依頼するしかない、と思っている方、大変多いと思います。

しかし!!!

その古い家具、実は買取りしてもらえるかもしれません。

平成も終わろうとしている今、古い家具はただの粗大ごみではなくなってきました。

古くても高額買取となる家具の特徴

それでは、古い家具でも高額買取りが期待できる家具の特徴を挙げてきます。

昭和な雰囲気、昭和な感じ、という言葉をよく聞くように、レトロ感が漂う古い家具すなわち『時代箪笥』と呼ばれるものは高額買取が期待できます。

国内のレトロ家具・アンティーク家具の一例

国内のレトロ家具・アンティーク家具にはどんなものがあるのでしょうか。

以下では、過去の家具買取市場で高額に取引されたことのある一部を紹介していきます。

家具の買取を依頼する際の参考にしてみてください。

衣装箪笥

衣装箪笥、並んでいる漢字からも想像できるように、衣装を入れる為の箪笥です。

しかし、簡単な引き出しが何段かあるタンスとは違います。

衣装箪笥の大きな特徴は、何といっても金具です。

たくさんの重厚な金具が取り付けられた箪笥。

※近代のタンスに、金具は取り付けられていませんね。

(衣装箪笥の補足)

衣装箪笥の歴史は、意外と最近です。

江戸時代まで、庶民が身に着ける着物は毎日着ている1枚のみ、というのが普通でした。

江戸時代後期になり、少しずつ生活に余裕が生まれ始め、手持ちの着物も1枚から2枚、3枚と少しずつ増えていきます。

増えてきた手持ちの着物をしまう為に作られたのが衣装箪笥。

明治から大正時代にかけて、手持ち衣装の増加と共に箪笥の需要はどんどん高まり、良質で高価な衣装箪笥が数多く作られました。

衣装箪笥の大きな特徴、金具の話も少ししましょう。

どうしてそんなに金具が必要なの?と不思議ですね。

装飾の為、もちろんそれもあります。

しかし、この金具は装飾と実用性、どちらも兼ね備えているのです。

その実用性とはどんな事なのでしょうか。

箪笥の両側面に付いた大きな四角い取っ手の説明をしましょう。

家事が多かった江戸時代。

高価な着物をしまった箪笥を持ち運ぶのに、側面の大きな四角い取っ手はつけられました。

この取っ手に棹を通して二人で運ぶ為です。

なので、この四角い取っ手は「棹通し」といいます。

この棹通しのおかげで、家事の時でも箪笥を運びやすく、高価な着物を家事から守る事が出来たそうです。

ところで、箪笥の数え方をご存知ですか?

箪笥は「一棹、二棹」と数えます。

その由来は、この四角い大きな取っ手からと言われています。

また、地方色が楽しめるのも衣装箪笥の醍醐味です。

衣装箪笥の中でも豊富な鉄金具のデザインと杢目の素晴らしい欅で有名な仙台箪笥。

明治時代にはとても繁盛し、高級衣装箪笥としての地位を確立しました。

知れば知るほど奥が深い衣装箪笥。

ただの古い家具とはわけが違います。

需要が高く、高額での買取りが期待できるのも分かりますね。

薬味箪笥

こちらも、漢字から想像ができますね。

薬を入れる為の小さな引き出しがたくさんある箪笥の事です。

別名、百味箪笥とも呼ばれています。

最近ではそのデザインが人気で、インテリアのアイテムとして使う人が増えています。

需要が高まっているんですね。

こちらも、もちろん単なる古い家具ではなく高価な買取りが期待できる家具です。

からくり箪笥

読んで字のごとく、からくり、色々な仕掛けが施された箪笥の事です。

船箪笥からはじまったからくり箪笥。

船箪笥は、航海の間に必要な書類、資金一式を保管する為に作られました。

大切な資金を船長が肌身離さず持っている事が出来ない為、船員の中にひそむ悪い乗組員から大切な物一式を守る為に作られた箪笥の事です。

普通の引き出しの中に小さな隠し引き出しがあったり、二重底、引き出しのように見えて、じつはずらして外す摩戸(ずりど)になっていたり。

豪華な金具の巧妙なからくり箪笥を職人たちはこぞって作りました。

びっくりするからくりの詰まった、からくり箪笥の魅力は現代でも人気で、需要は衰えません。

高価買取りの期待できる古い家具の一例です。

唐塗り ローテーブル

材木もさることながら、どんな塗りが施されているかによって古い家具の価値、買取金額が変わってきます。

2017年に重要無形文化財にも指定された青森県の伝統工芸・津軽塗。

津軽塗には4種類の技法があります。

唐塗り、七々子塗り、錦塗り、紋紗塗です。

津軽塗の技法は300年以上も変わる事なく受け継がれています。

模様であり、塗りである津軽塗は底から発する奥行き、器にへばりついた力強い模様が最大の魅力です。

これは、塗りの上に模様があるのではなく、模様であり塗りである津軽塗だからこそ出せる物なのです。

古い家具、いつの時代か、どこの物かわからないけれど、塗りの名前が記されている。

そんな時は是非調べてみてください。

分からないときはお電話ください。

高級品である可能性も十分に考えられます。

レトロ家具よりも高額買取に期待できるアンティーク家具

国内のレトロ家具よりも人気のある古い家具がヨーロッパをはじめとした海外のアンティーク家具です。

海外のアンティークをコレクションしている人もいるように、国内でとても人気があります。

「人気がある=需要がある=古い家具でも高額買取りが期待できる」

それではどんなアンティーク家具が高額買取りされているのでしょうか。

アンティーク家具の定義

そもそもアンティーク家具はブランド家具とは違います。

アンティークとはフランス語で「骨董品」の事を言います。

100年以上経過した古美術品を指しています。

1934年にアメリカで法律としてしっかりと制定されました。

アンティーク家具の魅力は何といっても、その材質の良さ。

オーク、マホガニー、ウォルナットとアンティーク家具の美しい杢目は、一目で材質が分かるほど。

100年以上経過する、なんてこれは本当にすごい事です。

ヨーロッパの考え方、古い物を代々大切に受け継ぐ心。

その家の伝統と格式を表現する良質な材質は、現在でも色褪せることなく現役として光を放っているのです。

近年ではヴィンテージ家具も人気

家具の歴史がアンティーク家具には及ばない古い家具でも、ヴィンテージ家具と呼ばれ、最近では身近に見つけられます。

身近に見つけられる=人気がある=需要があるのです。

アンティーク家具で有名なブランド「ロイズアンティークス」

ヨーロッパからアンティーク家具を買付し、専属の修復士(レストアラー)たちの手により修復を施し、良質なアンティーク家具を長く楽しめるように世に送り出しているブランド、ロイズアンティークス。

ロイズの基準に達した家具にはロイズアンティークスのホールマークが焼き付けられています。

アンティーク家具といえばロイズ、と言っても過言ではないほどアンティーク家具ブランドとして人気です。

古い、良い家具、アンティーク家具を高く売る為に

アンティーク家具を買われる方は、きっと大切に愛用されてきた方が多いと思います。

まずは

・アンティーク家具の買取実績のある業者に見積もりの依頼をする

・見積もりの前には念入りなお手入れをする

・デリケートな家具の為、出張見積もりを依頼しよう

・出張見積もりを依頼する時には、購入した年、購入金額など詳細の情報をまとめておく

アンティーク家具でも、こんな状態では売れません!

どんなに高価なアンティーク家具であったとしても、売れない家具もあります。

・傷だらけの家具

・ひび割れしている家具

・ガラスが割れてしまっている家具

残念ですが、このような状態のアンティーク家具は単なる古い家具になってしまいます。

アンティーク家具の中でも人気の家具

・キャビネット

・椅子

・サイドボード

・一人掛けソファ

アンティーク家具の最大の魅力、デザイン性が目立つ、搬入しやすいサイズの家具が人気です。

特に椅子やサイドボードは脚のデザインが人気の秘訣ともなります。

アンティーク家具のまとめ

単なる古い家具ではない、ヨーロッパのアンティーク家具は高価買取りが期待できます。

アンティーク家具購入時の詳細がはっきりしている、ロイズアンティークスで購入したアンティーク家具であれば買取り可能な場合が多いです。

ナンバーワン買取センターでは責任をもってしっかりと査定させていただきます。

是非、お写真をご用意頂いて、まずはお電話をください!

古い家具の買取りは意外と頻繁に行われています

古い家具の買取が頻繁に!?とびっくりされる方も多いでしょう。

確かに、不思議な感じがしますよね。

買取りされているという事は、世の中に需要があるという事です。

古い家具の需要がそんなにある感じはしませんね。

そのからくりは・・・。

それはインターネットの普及率が上がった事が、古い家具の需要が高まった一因です。

インターネットを使うと家具の買取りをはじめ、購入する事もネット上で完結する事が可能です。

この手軽さは、新たな需要を生み出しました。

そのため新しい家具だけでなく、古い家具やアンティーク家具など多くの家具が今まで以上に市場で取引されるようになり、買い手の増加とともに、売り手の増加も凄まじく、様々な業者が家具の買取市場に参入し始めているのです。

ゆえに古い家具の買取は積極的に行われており、各業者が少しでも高く、少しでも多く家具を買い取れるように日々販路の拡大を図っています。

それでは、古い家具でも高額買取りが期待できる家具の特徴を挙げてきます。

昭和な雰囲気、昭和な感じ、という言葉をよく聞くように、レトロ感が漂う古い家具は、高額買取りが期待できます。

ブランド家具は大人気です!高価買取りが期待できます!

多少古い家具でも買取りが可能な場合があるのが「ブランド家具」です。

ハイブランドであれば、より一層、高価買取りが期待できます。

下記に挙げるブランドは特に人気です。

・B&Bイタリア

・カッシーナ

・ヴェルサーチ

・DREXEL HERITAGE(ドレクセル ヘリテイジ)

・Poltrona Frau(ポルトローナ・フラウ)

・Minotti(ミノッティ)

・SILIK(シリック)

デザイナーズチェアも高価買取りの可能性があります!

また、デザイナーズチェアも、古い家具でも高価買取が期待できます。

・ル・コルビジェ

・アルネ・ヤコブセン

・チャールズ・イームズ

・フランク・ロイド・ライト

・ヴェルナー・パントン

・ジョージネルソン

・ミース・ファン・デル・ローエ

コレクターも多いデザイナーズチェア。

デザイナーズチェアの魅力は、デザインももちろん、機能性も素晴らしいところ。

耐久性も兼ね備えている傑作も少なくありません。

名作と言われる作品は、単なる古い家具では決してありません。

状態が良ければ古い椅子でも高価買取りが可能です。

デザイナーズ照明、古い場合も見積もりを

照明1つで、お部屋の雰囲気はガラッと変わります。

お洒落なお部屋に大変身させてくれるのが、デザイナーズ照明。

直接触れる物ではないため、比較的劣化しずらい点も高価買取りが期待できるポイントです。

下記に挙げるデザイナーズ照明は大人気です。

・フロス

・ルイスポールセン

・レクリント

・ジョージネルソン

・フランク・ロイド・ライト

・トム・ディクソン

・イサム・ノグチ

・アルテミデ

買取り依頼をする際は、買取実績のあるお店に依頼しよう!

もし、多少年数の経っているブランド家具やデザイナーズチェア、デザイナーズ照明の買取りを依頼する場合は、そのブランドの取り扱い実績の多い業者に依頼をしましょう。

特に、デザイナーズチェアの場合は、修理・修復で再販が可能になる可能性もあります。

実績のある業者は修理も含めて、買取り査定をしてくれる可能性があるからです。

もちろん、買取価格から修理費用は差し引かれてしまいますが、ハイブランド家具やデザイナーズチェアは粗大ごみとしてしまうにはもったいない商品です。

ご相談の際には、是非ナンバーワン買取センターへお電話ください。

古い家具の買取りは、ナンバーワン買取センターでも承っております!

ナンバーワン買取センターでも、もちろん古い家具の買取を行っております。

府中家具、松本民芸、ロココ調家具、アンティーク家具など、古いけれどどんな製品なのかはっきりと分かる物であれば、高額買取りも可能かもしれません。

古いから、と諦めるのではなく、どんな物なのかはっきり分かっている古い家具であれば、是非お電話ください。

古い家具の買取相場

さて、気になる古い家具の買取相場ですが・・・。

下記に参考例を挙げます。

あくまでも過去の家具買取市場で実際に取引された価格の一例に過ぎないので、参考のひとつにしてみてください。

〇アンティーク家具 時代箪笥・・・30,000円

〇アンティーク家具 猫足テーブル・・・25,000円

〇アンティーク家具 一人掛けソファ・・・23,000円 


アンティーク家具は、状態にもよりますが、多くは20,000円~30,000円の間が多いようです。

家具の買取り価格は変動が激しい市場です。

人気、需要が高まっている昨今、もしかしたら買取り金額も大きく上がってくるかもしれません。

〇カッシーナのテーブル・・・定価500,000円→100,000円

〇ル・コルビジェ LC2 3P・・・定価2,000,000円→900,000円

〇フロスのアルコランプ・・・定価300,000円→150,000円


ブランド家具の場合、購入してから10年以内であれば、買取り金額はだいたい定価の0%~50%と言われています。

それがもし古い家具だとしても、状態がよければ査定金額に大きく変動はありません。

ちなみに、ノーブランドの古い家具の場合、10年経過した物はほとんど買取り不可能です。

古い家具の年数と買取相場の関係〜10年経つと売れない?〜

さて、前述しましたが10年経過した家具が買取り不可となる理由を説明します。

ノーブランド家具の場合、購入時の金額もそれほど高額ではありません。

今は、安くて便利な機能もついた家具が、新品でたくさん売られています。

ノーブランドの中古品にわざわざお金を払って購入する人はほとんどいません。

50,000円の中古家具と新品家具、機能的に大差がなければ、新品の方が人気があります。

そうなると、必然的に10年経過した古いノーブランド家具の需要はなし、買取り不可、となるのです。

買取り不可となりやすい古い家具

古い家具の中でも、特に買取り不可となりやすい家具を下記に挙げます。

・婚礼家具(タンス、三面鏡等)

・こたつ

・学習机

・本棚

・クローゼット


上記に挙げた家具、これらは最近の生活スタイルでは不要な物ばかりです。

・婚礼家具→最近は嫁入り道具という言葉も聞かなくなりました。

・こたつ→こたつでみかん、という生活スタイルは減少しています。季節物は避けられる事が多い。

・学習机→学習机ではなく、リビング学習が増えています。

・クローゼット→ウォークインクローゼットが増えている為、不要です。

古い家具は買取り相場にどんな影響を与える!?

実は、古い家具は買取相場に大きな影響を与えています。

「古い」と一言で言っても、アンティーク家具なのか、ノーブランドで使い古した家具なのか、で買取り価格は全く違います。

また、アンティーク家具の人気が高まり、ネットの普及でより身近に感じられるようになった昨今は、アンティーク家具の人気と需要は右肩上がりです。

その半面、ノーブランド家具の中古品の需要は限りなくゼロに近いところまで下がっています。

安価な新品が数多く販売されている事が一因ではありますが、良質な古い物の魅力が、再認識されているのかもしれません。

いい物を大切にして長く使う、ヨーロッパの人の心ではありますが、本当は日本でも、昔はそうでした。

「物を大切に」

忘れられていたこの心が、また徐々に広がり始めているようにも感じます。

そして、その心は買取相場にも反映されているのかもしれません。

古い家具は処分するよりまずは買取査定を!

古いけれど良い家具をお持ちですか?

大切になさっていた家具は、是非一度お見積りの依頼をしてみましょう。

ナンバーワン買取センターでは出張見積もり、出張買取りに適宜応じています。

ブランド家具はお任せください!

ナンバーワン買取センターでは、特にブランド家具の高価お買取りを得意としています。

ブランド家具に詳しいバイヤーが、しっかりと査定いたします。

買取り対象品目は多岐に渡ります。

ブランドソファ、ブランドベッド、デザイナーズチェア、デザイナーズ照明、カッシーナであればオフィス家具も高価お買取り致しております。

アルフレックス、アクタス、マスターウォール、カリモク家具、飛騨家具、府中家具、unico、IDC大塚取り扱いブランドも高価買取り強化中です。

買取り対象品目は、家具だけではありません。

便利な電動自転車、パナソニック、ヤマハ、是非ご相談ください。

ブランド音響機器、BOSE、バングアンドオルフセン、SONY、ビクター、インテリアとしてもお洒落なスピーカーは特に強化買取り中です!

酸素カプセル、H2O、買取り実績に自信があります。

出張買取エリア

ナンバーワン買取センターでは、東京都港区または神奈川県横浜市よりトラックを派遣いたします。

関東近郊へは特に迅速にお伺いする事が可能です!

当日対応が可能なケースも多々あります!

お気軽にお問い合わせください。

遠方でも一度ご相談ください

千葉エリア、埼玉エリア、静岡エリア、東北エリア、コース別にトラックが回っています。

遠方でも、お伺い可能な場合があります。

日程調整は必要になりますが、出来る限りご希望に添えるよう、最大限の努力をいたします。

是非一度、お電話でご相談ください。

古い家具の買取のまとめ

家具の買取り相場、市場は日々大きく動いています。

時代の流れ、流行りにとても敏感です。

まずは早めに行動に移す、これが古い家具、ブランド家具を高く売る為の一番のポイントです!