横浜のリサイクルショップ ナンバーワン買取センターは家具家電の買取に強い!2017年度買取実績NO.1宣言!

0120-821-007年中無休 受付時間 10:00~19:00
Home Category

家具の買取相場はいくら!?査定価格の決まり方と高く売るコツ

こんにちは。

最近、ミニマリストや断捨離という言葉をよく耳にしますね。

すっきりとした生活、お気に入りの家具に囲まれた生活、いいなあ、と思っていらっしゃる方も多いと思います。

また、在宅勤務という働き方も増えてきました。

在宅勤務に必要なのは机と椅子、といった会社に準じた仕事が出来る環境と家具。

その為には今まで使っていた家具や照明など大型の不要な物が出てきます。

しかし、不要と一言で言っても本当は違う場合もありますね。

在宅勤務に合わせて家具を変える事になった。

お気に入りの家具だったけれど、部屋を広く使うために断捨離したい。

買ったけれど大きさが合わなかった、イマイチ雰囲気が合わなかった、など理由は様々。

さあ、そこで次に思う事は、、、。

「捨てるくらいなら売りたい、買取りしてもらいたい!!」

ですよね。

粗大ごみの手続きって結構大変ですものね。

この家具は買取りしてもらえるのかな、買取り可能な場合、相場はいくらくらいなんだろう。

みんなが思う、家具買取りの疑問、家具の買取相場の疑問に答えていきます!



家具の買取査定ではココを見る!中古家具の評価ポイント

さあ、まずは家具を買取りしてもらう際の評価のポイントを押さえていきましょう!

中古家具の相場に見合った買取りをしてもらいたいですものね。

・基本的にきれいな状態かどうか

・使用年数はどのくらいか

→新しければ新しいほど値段はつきます

・ブランド品かノーブランド品か

→もちろん、ブランド品の方が値段はつきます

・人気のあるデザインか

→洋服と同じで流行りがあります

・人気のある色かどうか

→奇抜な色よりは合わせやすい色味の方が値段はつきます

・自分だったら買いたいと思うかどうか

・搬出、搬入など家具の移動は容易かどうか

→大きすぎる家具の場合、搬入が窓からしかできないなどの制限が出てきてしまいます。

その場合、搬入する為の費用がかさむ事が予想される為、買取りを断られる場合があります。

いかがですか。

一言で言ってしまえば「需要があるかどうか」ですね。

さあ、〇×でチェックしてみてください。

全て×の場合は、残念ながら需要が見込まれないので買取り相場には届きません。

その家具の買取りはNGになります

逆に〇が多い場合は買取り可能な可能性が高い、という事です

そして、買取相場に見合った、もしくは買取相場以上の金額がつく可能性もあります。

では、なぜ家具の買取りではこのような項目が中古家具の買取りにおける評価のポイントとなるのでしょう。

買取金額の相場も気になりますよね。1つずつ解説していきたいと思います。

家具の状態や使用年数

家具の状態や使用年数が買取価格を決める上で重要なのにはもちろん、理由があります。

例えばあなたは物を買う時、一番上の物をレジに持っていきますか?

真ん中のあたりから取ったり、下の方から取り上げたりしたことはありませんか?

それは何故でしょう。

答えは簡単。

少しでも綺麗な商品、状態の良い物を買いたいから、ですよね。

状態の良い商品を買いたい、と思う心理は誰にでも存在します。

家具を購入する時も例外ではありません。

今ある家具を買う時も、傷や汚れ、よく確認しませんでしたか?

仮に中古で家具を買うとしても、この心理は働きます。

同じ中古品の家具でも状態の良い、綺麗な物を欲しがる人が多いのです。

家具の買取り業者は、その心理をしっかりと買取り金額に反映させます。

使用年数も同じです。

経年劣化という言葉があるように、基本的に年数が経過すれば多少なりとも家具の劣化は進みます。

同じような状態の家具の場合、1年使用した家具と3年使用した家具では、3年使用した家具の方が相場は低くなります。

状態の良い、さらに使用年数の短い家具ほど高い相場であり、高い値段がつきます。

家具の買取相場で人気のブランド家具

人気のブランドで家具の買取り相場は全然変わってきます!

このあたりは洋服と似ています。

バブルの頃はきらびやかで派手目な家具が人気だったかもしれません。

しかし、現在の主流はシンプル&スタイリッシュ。

色んな人が書いているインスタやブログに出てくるお洒落なインテリアの家具に派手な物は見当たりません。

カフェ風だったり、ナチュラルだったり、モノトーンだったり。

ごちゃごちゃ、というよりはシンプルですっきりしたインテリアが紹介されています。

そういう時代に派手な家具を売ろうと思っても売れません。

需要がない、という訳です。

需要の少ない家具の買取相場は当然下がります。

需要のない家具、相場の安い家具に買い取り業者は値段はつけません。

そして、いつの時代も人気のブランド家具。

好きなブランドの好みは人それぞれ千差万別ですが、人気のブランドには多くのファンがついています。

ファンがいるブランド家具には、需要は必ずと言っていいほどあるんです。

そうなってくると必然的に買取相場も上がってきます。

人気のブランド家具をいくつか挙げますね

・カッシーナ

・B&Bイタリア

・アクタス

・カリモク家具

・アルフレックス

・飛騨産業

聞いたことのあるブランド家具が多いのではないでしょうか。

お値段も高いですが、やはりそのデザイン性、機能性、使い心地、作り出す雰囲気など価値ある逸品に間違いはありません。

名作として人気の衰えないブランド家具たちの魅力、人気は買取り価格の相場を引き上げ、買取り業者は高い値段をつけるのです。

ブランド家具の買取相場はその他の家具とは全く違います!

では次に買取相場の違いについてお話ししたいと思います。

話題性満載のノーブランド家具いえばニトリ、IKEA。

もしかしたら、話題性の面ではブランド家具以上かもしれませんね。

しかし、買取相場はブランド家具とノーブランド家具は全く違います!

どんなに話題性があっても、話題性だけでは買取金額には反映されません。

具体的にはブランド家具の買取価格の相場が定価の0%(状態、使用年数によっては可能性あり)~40%です。

これに対してノーブランド家具の買取相場は0%~20%。

大きく差が出ます。

買取り相場にここまで差がでるのは何故でしょう。

理由は需要の違いです。

中古家具市場において、ノーブランド家具の需要はとても低いんです。

それに比べてブランド家具の需要はとても高い。

この違いが買取り相場に大きな差額をもたらすのです。

需要の違いは買取り相場の違い。

その違いはどんなところから出てくるのでしょう。

ブランド家具の買取相場が高い理由、ノーブランド家具の買取相場が低い理由を説明していきます。

ブランド家具が高額買取される理由

中古市場で需要の高い、買取相場の高いブランド家具。

さあ、その理由はどんなところにあるのでしょう。

一緒に考えてみましょう

例えば、あなたにどうしても欲しいブランドのソファがあるとしましょう。

ブランド家具ですからね、新品相場はざっと150万円くらいだとします。

このソファも、中古となればお値段の相場はグッと下がります。

家具の買取り査定金額に当てはめて、ざっと計算してみましょう。

ブランド家具は状態が良く、使用年数が短ければ買取り相場は定価の40%ほどです。

この場合、150万円×0.4=60万円くらいが買取り価格ですね。

実際に売られる中古家具は、買取り金額に買い取り業者の取り分(人件費、交通費、保管倉庫代等)が付与されます。

仮に90万円だとします。

さあ、新品の150万円のブランドソファと中古で90万円の同じブランドソファ。

あなたならどちらを買いたいですか?

こうなった場合、この差額はノーブランドの家具とは全く違ってきます。

なにしろ60万円の差額ですからね。

ここまで差額が出てきてしまうと、新品と中古品で魅力的なのは中古ブランド家具の方になりませんか。

こうして、魅力のある中古ブランド家具は中古市場で需要が高まり、買取り相場が上昇します。

もちろん、買取り業者は需要のあるブランド家具にしっかりと値段をつけるのです。

IKEAやニトリの家具だと買取相場がガクッと下がってしまう理由

ニトリやIKEAの家具の魅力は何といってもそのお値段。

比較的お洒落なデザインのわりに社会人1年目でも買いやすい、その安さが最大の魅力であり、売りです。

人気商品と言われる家具も多数あります。

しかしながら、人気に反して中古家具としての買取り相場はとても低い、もしくは買取相場にも届かない場合も多数あります。

同じように人気のあるブランド家具と比べてここまで買取相場に差が出てしまうのは何故でしょうか。


ではここで、次の質問に答えてみてください。

ソファが必要になりました。あなたなら、どちらのソファを買いますか?

A:IKEAのお洒落な新品ソファ 8,000円

B:中古で売られているソファ 5,000円

もちろん、Bの方もいらっしゃるでしょう。

でも、せっかく買うなら、誰が使っていたか分からない中古品より3,000円プラスして新品を買う方が多いのではないでしょうか。

手が届きやすい値段で買える新品家具、これは中古家具に勝る魅力なんです。

どんなに安く変えても中古家具である事に変わりはありません。

中古家具と新品家具、純粋に欲しいのは新品家具でしょう。

しかし、金額が手の届く範囲であるのかそうでないのかで、新品と中古の需要と買取相場が大きく変わってくるのです。

新品でも手の届く範囲の新品があるノーブランド家具の場合、中古家具の需要と買取相場はガクッと下がります。

需要の少ない物に買取り業者は値段をつけませんからね。

あなたの家具はいくらで売れる?家具の買取相場を知りたい場合

では、実際に自分の持っている家具はいくらで売れるのか。

細かい買取り金額は無理でも、買取金額の相場が知りたい。

そう思われている皆さんに、中古家具の買取金額の計算方法をお伝えいたします。

実際の金額は買取り業者さんによって変わってまいりますので、あくまで相場になります。


例えば・・・

1.ノーブランド、新品購入時8万円のテーブル

2.世の中(インターネット)では中古品として2万円程度で出回っている

※中古、メーカーの名前を入力して検索すると出てきます

3.傷、汚れは少ない方

4.使用年数1~2年程度で丁寧に扱ってきた


このような条件の場合の買取り金額の相場の計算式は下記のようになります。

20,000 × 30%~50% = 6,000円~10,000円

この計算式を見て、疑問ですよね。

中古化が鵜として売られている相場の金額と全然違うのは何故?

どうして売られている相場の半分程度にしかならないの?

そう思われて当然です。

差し引かれる部分に当てはまるのは次の項目。

・買取り業者の方の交通費

・運搬などの人件費

・商品保管の倉庫代

・利益分

こんなに差し引かれるなら自分で何とかしよう、そう考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ご自身で大型家具を運び出すのはとても大変です。

運び出す途中で家具を傷つけてしまったり、家の壁や床を傷つけてしまう可能性もあります。

また、外に運ぶ手段はどうしますか?

トラックをお持ちの方は問題ないかもしれませんが、所有している方は少ないですよね。

もろもろ総合的に考えると、一番安全で賢い方法は、良い買い取り業者を探して依頼する事です。

ブランド家具であれば、ブランド家具専門もしくは多くのブランド家具を取り扱っている買取り業者に依頼するのがよいでしょう。

家具の買取りについて、中古の家具市場の相場について詳しい買取り業者を選ぶことが大切です。

高く売ることのできる家具の特徴

高く買取りしてもらえる家具はこんな家具です。

・高級ブランド家具

・名作と言われる照明や椅子

・使用年数の短い、新しい家具

・傷、汚れのない状態のよい家具

・新品、未使用の家具


当然ながら、自分でも買いたいな、欲しいな、という家具は高い買取り金額になります。

家具を買い取り業者に見てもらう前に、掃除、お手入れをしておくことで少しでも買取り価格が上がるかもしれません。

また、日ごろからお手入れをして大切に使う事も大切です。

使い方、お手入れの仕方で家具の傷み方も違ってきます。

お気に入りの家具、手放す時に悲しい思いをしないよう、日ごろから愛着を持ってお手入れしましょう!

こんな家具だと買取NG?金額のつきにくい家具の特徴

残念ながら、金額のつかない家具もあります。

それはどんな家具でしょう。

お手持ちの家具を、次の項目でチェックしてみてくださいね。

消耗、汚れ、傷のひどい家具

これは皆さんお分かりかもしれませんが、どうしても売れません。

買う立場になって考えてみたら、きっと買わない中古家具だと思います。

ガラスのテーブル

お洒落ではあるのですが、重量があり扱いが大変すぎてなかなか売れないんです。

運搬途中、破損の可能性も高く、運搬にも気を遣います。

その為運搬費用もかさむ事が多いのです。

また、安いガラステーブルも出回っており、高級品との見分けが難しい、という難点もあります。

ベッドやマットレス

マットレスは衛生面から断られる事が多いです。

毎日使うものですし、消耗も激しい商品です。

新品購入を希望する人が多く、中古家具市場での需要はそう高くありません。

需要と買取相場は比例しますので、買取が難しくなる場合も多いのです。

ベッドフレームは解体できない場合、倉庫内でかなりの占有率になってしまう為、断られる場合があります。

こちらもマットレスとセットで購入する場合が多く、中古市場のフレーム単体での需要は下がります。

マットレス同様、需要の少ない家具の買取相場は下がります。

製造年数が古い、デザインの古い物

どんなに高価な家具であっても、製造年数が古い場合は経年劣化が見込まれ、買取り金額は下がります。

また、同じブランドの新しいデザインが発売されている場合、人気が衰え需要が下がっている事も考えられるので買取金額の相場はぐっと下がります。

組み立て家具

組立家具といえばIKEAが有名ですが、その他にも自分で組み立てる家具は数多くあります。

一度組み立てられた家具を解体、再度組立てすることは家具を傷める可能性があります。

その為、組立て家具は再販が難しく、断られる場合が多いです。

シーズン家具

こたつやホットカーペットなど、シーズンものの場合、売れ残る可能性があります。

売れ残ってしまうと倉庫を占領されてしまい、その場合買取り業者にとってマイナスになります。

リスクのある商品は断られる事が多いです。

家具買取相場のまとめ

リサイクル、エコ、という分野が注目されてからもうかなり時間が経ちましたね。

中古品、中古市場も常に注目されています。

最近ではプチプラも流行っていますが、ブランド家具の魅力も決して衰えてはいません。

毎日使う、長く使う家具だから、いい物が欲しい。

お気に入りのブランド家具と一緒に過ごしたい、そんな思いを諦めず、是非中古ブランド家具を探してみてください。

同じように愛着を持って大切に使われてきた方の中古家具があるかもしれません。

家具を大切になさってきたお客様のお気持ちを大切に、私たちナンバーワン買取センターでは真心こめて買取り査定をさせて頂きます。

高額買取りが可能な家具、買取不可能な家具、買取相場について述べてまいりましたが、実際の金額はやはり商品を実際に見させていただいてからになります。

おおよその買取り金額が分かりましたら、あとは私たちナンバーワン買取センターへお任せください。

ご連絡、お待ちいたしております!