横浜のリサイクルショップ ナンバーワン買取センターは家具家電の買取に強い!2017年度買取実績NO.1宣言!

0120-821-007 年中無休 受付時間 10:00~19:00
Home Category

アルテックを買取に出すなら知っておきたい【買取事情と買取相場】

アルテックという家具をご存知ですか。

もし知らなくても、アルテックの家具を見たら、シンプルに「いいな」と感じ、惹かれる方も多いのではないかと思うのです。

何故?

疑問に思いますよね。

その理由を、アルテックの買取りの話と一緒に解説していきたいと思います。



アルテック(artek)の買取について

ブランド家具の中でも絶大な人気を誇るアルテック。

そんなアルテックの買取について詳しく解説していきます。

アルテックの家具を買取検討されている方は、是非参考にしてみてください。

アルテックは中古市場でも人気があります!

アルテックは、中古市場でも人気の高いブランドです。

「人気が高い=需要がある」という事。

どうして中古市場での人気と需要が高いのでしょうか。

その理由は、アルテックの家具をお使いの方ならお分かりかと思います。

アルテックの魅力のひとつ、実用性です。

どこでも簡単に、便利に使える家具。

これって、よく考えると意外と難しい事です。

家具は、大きくて重たい、一度配置したらそのまま、という物の方が圧倒的に多いからです。

でも、本当に動かすのが大変な程ずっしりとした家具ばかり必要ですか。

本当は、すっとどこでも一緒に動ける椅子、あったらいいな、と思いませんか。

そんな日常に寄り添ってくれる家具、それがアルテックです。

アルテックの魅力は、新品はもちろん、中古でも衰えるような魅力ではないのです。

アルテックの中古家具はまだまだ、もしかしたら新品以上に魅力的かもしれません。

アルテックの中古市場での人気は絶大です!

アルテックの家具の買取方法

アルテックの家具の買取方法は主に3通りあります。

・出張買取

・宅配買取

・店頭買取

上記3つの買取方法でアルテックの家具を買取依頼する方が多くいます。

持ち運びのしやすいスツールなどは、宅配買取、店頭買取もご利用いただけると思います。

持ち運びに不安がある、いくつかまとめて買取りに出したいという事であれば、出張買取りを利用すると良いでしょう。

アルテックの家具は古くても買取りしてもらえる?

アルテックの家具は耐久性の強い家具です。

通常、家具は5年を目安に買取可能かどうかの判断をしておりますが、アルテックでしたら7~8年経過していても買取可能な場合もございます。

たとえば、スツールを花台として利用していた、ベンチをディスプレイ用の台として使用していた、などの場合、傷も少なく、劣化があまり見られない事もあります。

そのような場合は7~8年前の商品であっても買取り可能となります。

アルテックの家具の魅力のひとつ、アイディア次第で自由な使い方が出来る、和室にも洋室にもマッチする、という点ですね!

古いのだけど、という場合はお写真をお送りいただけると大変助かります!

買取の可否、おおよその査定額もお伝え出来ます。

アルテック(artek)とは

アルテックは人気の北欧家具のトップブランドです。

その歴史は80年に及びます。

創業者は建築家アルヴァ・アアルトと妻アイノ・アアルトをはじめとする4人の若者。

1935年にフィンランドで設立されました。

「アルテック」とはアートとテクノロジーを合わせて作られた造語です。

設立者4人の目的は「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム(近代主義)文化を促進すること」。

モダニズム全盛期に、上流階級の為のものであった家具を、もっと大衆に良いものを、実用的なものを、という考え方のもとでデザインされた家具がアルテックです。

アルテックの家具は直線的ではない

アルテックの家具の大きな特徴、L-レッグ。

それは「曲木の技術」です。

L-レッグは、独自に開発した木材加工技術です。

無垢の木にスリット(割れ目)をミリ単位で入れ、その間にベニヤ板を挟み、プレス加工によってL字に曲げます。

最後は職人の手によって木屑で隙間を埋め、磨き上げて完成します。

美しい曲線、そして目で見て分かる、ミリ単位できれいに挟み込まれたベニヤ板との模様も美しいLレッグ。

直線的でないシンプルなアルテックの家具に、北欧の豊かな自然を感じる事ができます。

自然の中には、四角や長方形などの直線的な物はありません。

アルテックは自然の柔らかさを表現しています。

自然を好む、というのは人の潜在意識の中に必ずあるものです。

アルテックの家具に、どこか安心感と親近感を感じられるのは、自然の形を再現しているからなのかもしれません。

アルテックの代表作「スツール60」は世界中で日本が一番の売り上げを上げている

実は、アルヴァ・アアルトがデザインをした「スツール60」の世界売り上げナンバーワンは日本だそうです。

なぜ、それほどまでに遠い北欧の家具が日本人の心をつかむのでしょうか。

それは、物を大切に長く使う、その心が日本人とアルテックが同じだからかもしれません。

北欧の文化は、物を大切にする文化です。

そして、その心は、本来日本人にもあったはずの物でした。

しかし、いつの頃からかその心は薄れていっていました。

一昔前、引っ越しを機に家具を買い替える、という事は日本ではよくある事でした。

でも、本当にそれで良かったのでしょうか。

日本語の「もったいない」、日本語にしかないとも言えるこの言葉、どこにいってしまったのでしょうか。

物を大切に長く使う、その心が戻ってきたのはここ10年ほどかもしれません。

震災を機に変わった、とも言われています。

最近では本当に良い物を、というような特集がよく組まれています。

その良い物というのは、決して値段だけではなく、使い勝手が良い、使い心地が良い、好きな物、という基準だったりします。

アルテックのスツール60は、そんな日本人の価値観や心にぴったり合っているのかもしれません。

使い勝手、使い心地で言えばパーフェクト、さらに長く使えるスツール60。

80年は使えるのですから。

日本人に人気が高いのは当然なんですね。

日本の家事情にもぴったりなアルテックの椅子

日本人に好まれる理由としてもうひとつ挙げられるのがアルテックの家具のコンパクトさとスタッキングできる点です。

スタッキングできる椅子、というのは本当に便利なものです。

来客用に必要だけれども、普段は使わない。

ちょっと物を置きたい時だけ使いたい、普段は使わない。

そうであれば、スタッキングして置いておけば場所を取りません。

また、ドムス チェアに見られる肘掛の短さ。

これによって、狭い場所でも快適に使う事ができます。

実用性を徹底的に考えられてデザインされているアルテックの家具は、日本の家には必須とも言える家具かもしれません。

アルテック(artek)の買取対象品目

以下は家具買取市場で、過去に高額で取引されたアルテックの家具になります。

ドミノ テーブル(DOMINO TABLE)

アームチェア 42(ARMCHAIR 42)

カント マガジンラック(KANTO MAGAZINE RACK)

A330S ペンダント ゴールデンベル(A330S PENDANT LAMP “GOLDEN BELL” )

マドモアゼル ラウンジチェア(MADEMOISELLE LOUNGE CHAIR )

ドムス ラウンジチェア(DOMUS LOUNGE CHAIR )

900 ティートロリー(TEA TROLLEY 900 )

A331 ペンダント ビーハイブ(A331 PENDANT LAMP “BEEHIVE” )

Rカアリ デスク(EB005 KAARI DESK )

エクステンション テーブル H92(EXTENSION TABLE H92 )

トリエンナ コーヒーテーブル(TRIENNA TABLE )

家具の状態や相場の変動によっては、上記の家具でも買取不可になってしまう可能性があります。

あくまでも参考のひとつにしてみてください。

また、上記の家具の相場を詳しく知りたいという方は、家具の買取業者に見積依頼をしたり、電話で聞いてみると良いでしょう。

アルテック(artek)の買取相場

では、実際にアルテックの買取価格はいくらくらいなのでしょうか。

あくまで目安になりますが、弊社の買取実績を踏まえたうえでのおおよその金額をお伝えいたします。

※実際の買取金額は、お品物を拝見させて頂いてからの決定になります。

下記金額は美品、使用感の薄い場合の目安の金額です。

●スツール60

アルテックの家具の中でも定番中の定番。

幅広い需要があります。

4,000円~。

●マドモアゼルラウンジチェア

小柄な女性でも座りやすく、座る姿が美しく見える椅子。

30,000円~

●ビーハイヴペンダントライト

ハチの巣がモデルになっている人気の照明。

15,000円~

●アアルトテーブル バーチ

無駄が省かれたシンプルなテーブル。

10,000円~

●ティートロリー901

スムーズな動きと安定感、デザインの可愛らしさで人気のティーワゴン。

40,000円~

アルテックセカンドサイクルが熱い

アルテックは2006年からフリーマーケットや古い工場、学校、造船所などから、使い古されているスツールを探し出し、買い取るという試みを始めています。

そして昔に作られたアルテックの家具たちをメンテナンスして再度命を吹き込み、年月を重ねる事は、ただ単に色褪せる事ではなく、新たな魅力と価値が加わる事である事を証明して

います。

このような働きから、アルテックのヴィンテージ品は希少価値が高まり、普通の中古品よりも高価な査定額となります。

長く使う事のできる家具、アルテックだからこそ付随する特別な価値です。

80年間作られているアルテックの家具。

80年前、60年前、50年前など、アルテックのヴィンテージ品、ナンバーワン買取センターで高額査定いたします!

アルテックのコラボレーションの世界は幅広い

雑誌でも度々特集されるアルテックの家具。

アルテックはミナ ペルホネンやコンランショップ、マリメッコ、鈴木マサルなど、色々なブランドとコラボレーションしています。

また、ドムスチェアのフィンランド独立100周年モデル

、トナカイ革モデル、Supreme(シュプリーム)とコラボしているタンクチェア、ピルッカスツールの限定カラーなど限定品も多種多様。

どれも発売されるとすぐに完売、その後の生産はない商品もあります。

このようなコラボ品や限定品限定カラーのアルテックは、高額査定になります!

アルテック(artek)の家具をより高く売るために

お気に入りだったアルテックの家具、大切に使ってきたからこそ、愛着があるからこそ、少しでも炊かう売りたいですよね。

アルテック家具の購入時、使用中、買取の出す事を決めた時、それぞれのタイミングでの高く売るコツを伝授します!

アルテックの家具購入時に意識しておきたい事

アルテックの家具を購入してすぐ、「売ろう」と思われる方はいらっしゃらないと思いますが・・・。

長く使える家具を、より愛着を持って使う為に・・・。

アルテックは修理やメンテナンスを依頼することができます!

アルテックの技術は伝統のある独自の技術です。

それゆえ、他の業者に修理やメンテナンスを依頼すると、アルテックの価値が下がってしまう恐れがあります。

修理の際は直営店はもちろん、購入した取扱店舗でも依頼が出来ます。

目につく傷やぐらつきと味わいではちょっと違いますね。

気になる点が出てきた時の為に、メンテナンスの依頼について、スタッフの方にしっかりと話を聞いておきましょう。

そして、保証書や取扱説明書、その他付属品がある場合はなくさないように、大切に保管しておきましょう。

アルテックの家具を使用中、もしかしたら売るかも・・・

せっかく買ったアルテックの家具、うまく使えない、スタッキングしたまま置いてあるだけになってきてしまった等、環境の変化で売ろうかなあ、となる事もありますね。

使っていないと、どうしてもお手入れを怠りがちですが、是非改めてアルテックの家具と向き合う機会を作ってみてください。

そして、簡単でもいいのできれいに拭き上げてください。

やっぱり使おう!となるかもしれませんし、まだきれいだから高く売れるかも、となるかもしれません。

どちらにしても、きれいである事はプラスにしかなりません。

売るならなおさらです!

査定額がアップします!

アルテックの家具を売る事を決めた時

1.アルテックの家具を売ろうと決めたなら、すぐに業者選びを始めましょう。

アルテックのヴィンテージ品や限定品などの場合は特に、アルテックの価値をよく分かっている業者を選ぶことが、しっかりとした査定額をつけてもらう、高く売る為の一番のポイン

トです。

限定品でなくとも、アルテックの価値を分かってもらいたいですよね。

買取実績の多い業者を選ぶと、買取価格はもちろん、搬出時の事故防止の為にも賢明です。

2.保管しておいた保証書や取扱説明書などの付属品をそろえましょう。

付属品が揃っていると、査定額アップにつながります。

アルテック(artek)の家具買取はナンバーワン買取センターへ!

アルテックの中古市場はとても盛り上がっています。

理由は・・・。

●良い物を、と良い物を求める風潮が強まってきたこと

●アルテックの家具は値段が張る為、少しでも安く買いたい、という人が増えている事

●家に届いた時、新品とは違う馴染みの良さを好む人が多い事。

(今までも、まるでそこにあったかのような雰囲気が良い、という理由で中古品を好む方も大勢います)

日本人に、日本の家に寄り添い続けるであろうアルテックの家具。

ナンバーワン買取センターでは、そんなアルテックの家具とお客様の気持ちにしっかりと寄り添い、査定を致します。

アルテック家具の買取を健康の方は、お気軽にお問い合わせください!