横浜のリサイクルショップ ナンバーワン買取センターは家具家電の買取に強い!2017年度買取実績NO.1宣言!

0120-821-007年中無休 受付時間 10:00~19:00
Home Category

東京・神奈川横浜リサイクルショップ・ナンバーワン買取センターからのインフォメーション

キッチンシンクも進化しています!

システムキッチンの食洗機

こんにちは
お洒落なキッチンが増えている昨今、シンクもやはり進化していました
となると、どんなシンクを選べばいいの~と、悩みも増えるもの。
でも、せっかくですもの
楽しく悩みましょう(笑)
今日はシンクの素材や特徴についてご紹介します


~キッチンシンクの素材~
ステンレス製
キッチンではおなじみのステンレス。
クールでかっこいい雰囲気を醸し出します。
耐久性、耐熱性に優れ、さびにくいのでお手入れも簡単。
またシンクの素材の中では柔らかいので食器を落としても割れにくい、という大きな利点があります。
気になるのが傷です。
最近では表面に加工を施すことで、傷を目立たせないようにしています。
エンボス加工、光沢のある表面加工、鏡面仕上げなど様々な加工で傷への対策をとっています。

人工大理石
一番の魅力はカラーバリエーションが豊富な点です。
扉などとコーディネートしやすく、理想の雰囲気を作りやすい素材です。
また、汚れが落ちやすいので簡単にお手入れができます。
しかし、ステンレスに比べると固い素材なので食器の保護という点では劣ります。

ホーロー
海外ではお馴染みの素材です。
金属の下地にガラス質のうわ薬を高温で焼きつけたものがホーローです。
金属とガラスの特性を併せ持っているので、耐久性に優れ、熱にも強く、掃除もしやすい利点の多い素材です。
しかし、固い素材なので食器を落とすと割れやすく、ホーローが欠けてしまうとそこからサビが生じやすくなります。
それでもホーローの滑らかな肌触り、美しい色合い、重厚な雰囲気から人気が高まりつつある素材でもあります。


見逃がせない!最近のシンクの特徴

静音性
リビングと一体化した間取りが増えているキッチン。
水の音で話す声やテレビの音が聞こえない、といったデメリットがありました。
しかし、シンクに加工を施すことで静音性を高めたシンクも一般的になっています。

シンク内の水の流れでお手入れがもっと楽に
排水溝に効果的に水が流れる工夫がされたシンクが増えています。
これによってシンクの美しさを保ち、ゴミもスムーズにカゴにまとまります。


いかがでしたか
キッチンに立つのが楽しみになるような工夫が盛りだくさんですよね
リビングとのバランス、実際に使う時の事をイメージしながら、必要な機能を見極めて楽しく選んでくださいね