横浜のリサイクルショップ ナンバーワン買取センターは家具家電の買取に強い!2017年度買取実績NO.1宣言!

0120-821-007年中無休 受付時間 10:00~19:00
Home Category

東京・神奈川横浜リサイクルショップ・ナンバーワン買取センターからのインフォメーション

カリモク家具の歴史を少し、覗いてみました!

karimoku60.jpg

【カリモク家具の誕生】
カリモク
家具、その名前は誰でも一度は聞いたことがある、といえる国内最大手の家具メーカーです。

カリモク家具の誕生は1940年
初代社長加藤正平が愛知県刈谷市に創業した木工所が始まりです。

1947年には「刈谷木材工業株式会社」として発展
自社製品としての家具を生産・販売するようになったのは1962年のことです。
「カリモク家具」というネーミングの由来は「刈谷木材工業株式会社の「刈」と「木」です

こんなネーミング、とってもお洒落ですよね

【カリモクショールーム】
充実したショールームが魅力のカリモク家具ですが、ショールームがオープンしたのは1973年のこと。
多くの人にカリモク家具のよさが知られるきっかけとなりました

今では当たり前の家具メーカーのショールーム。
当時はまだ、ショールームという考え方が浸透しておらず、カリモク自体も家具小売店様、工場見学用や社員の教育指導に使用するためにショールームを設置したそうです

そしてショールームの一部には品質試験を行う試験室を設置し、品質へのこだわりも知ってもらいたいという強い気持ちが感じられました

【カリモクの情熱とカリモク60】
今では全国展開で多くの人々に親しまれているカリモク家具には「量産」のイメージもあるかもしれません。
しかし、「カリモク60」から分かるように、カリモクの家具には職人の技と情熱が込められています

多くの家具を扱っているカリモク家具の中でもダントツの人気と知名度を誇る「カリモク60」。

コンセプトは
『変わり続ける現代だからこそ変わらない価値を持つモノ』
まさに古くて新しいブランドなのです


「カリモク60」は東洋の奇跡と呼ばれる高度経済成長期が生み出したデザインです。

当時のモノづくりは、消費者のニーズに応える、という現代の考えとはうって違い、「世界に通用するモノを生み出す」という熱い情熱が基本です。
この情熱こそが、変わらない価値となり、現代にも受け継がれ、多くの人を惹きつける家具となっているのでしょう

【代表作のKチェア】
例えばカリモク60の代表作、イームズチェアにも引けを取らない定番「
Kチェア」
素晴らしい耐久性に絶妙なサイズ、
やさしい曲線のアームにはあたたかさを感じ、歳月を重ねるごとに味わいも増します。
また、パーツ交換が可能な為、クッションや背もたれはいつでも新品に交換が可能

世代を超えて引き継ぐことが可能なソファなのです。
誕生から半世紀が経った今でも愛され続ける独特の魅力は、これからもファンを増やしていくことでしょう


世界に誇れるカリモク60。
メイドインジャパンの技術、あたたかさを、是非一度あなたも感じてみてはいかがでしょうか