家具家電の買取に強い横浜のリサイクルショップ ナンバーワン買取センター 2017年度買取実績NO.1宣言!

0120-821-007年中無休 受付時間 10:00~19:00
Home Category

東京・神奈川横浜リサイクルショップ・ナンバーワン買取センターからのインフォメーション

洗濯機選びのポイントってどんな事?必要な容量と乾燥機能について。

洗濯機

こんにちはsmiley
生活の必需品である洗濯機
お値段も張る物なので、選ぶのにも慎重になりますね
ところで、洗濯機は何キロサイズを使っていますか?
今日は洗濯機選びのポイントの2点をご紹介したいと思います

容量はどう決める?1人当たりの洗濯物の量ってどのくらい?

洗濯物の量は「1人:1日 1.5㎏」と言われています。
1日の生活をたどっていくと、パジャマ、タオル、下着、外出着、ハンカチ、と確かに、意外と多いんですね
ですので、購入するときは「1.5㎏×家族の人数分+1㎏」くらいがいいでしょう
どうして1㎏プラスするのか、と言いますとお子様のいるご家庭では予定外の汚れ物がしょっちゅう出ます
夏になるとシーツやタオルケット等の大きな物も洗いたいですね。
このような事を考慮すると、人数分ぴったりの容量よりもやや大きめがおすすめです

ただし注意点があります。
もし、洗濯物をなるべくまとめて洗い回数を減らすのではなく「少量の洗濯物を何度か洗濯する」ということであれば4人家族であっても6㎏サイズの方がいいでしょう
なぜなら「大容量の洗濯機で少量の洗濯をする」のは電気代・水道代、ともに高くつくのです
洗濯する頻度とも照らし合わせて洗濯機の容量を決めましょう

乾燥機能ってどのくらい便利で、使えるの?

異常気象という言葉をよく耳にする最近、洗濯機の乾燥機能、かなり重要度増してますよね
気になるのは電気代
熱を発するので、やはり電気代はかかります
まず、洗濯機の乾燥機能は縦型よりもドラム式の方が優れています
※汚れを落とすのは縦型の方が優れています。

そして、乾燥方式によって電気代が変わってきます
ヒーター式乾燥ヒーターで乾かし、冷却水が必要
ヒートポンプ式乾燥ヒートぽんっぷで熱交換した熱で乾かす。ヒーターと水が不要なので省エネ
省エネ効果の高いヒートポンプ式の洗濯機の方が高価ではありますが、省エネ効果が高く、ランニングコストを考えるとお得になるかもしれません
「乾燥機能」は、家事の時短や負荷軽減にはもちろん、タオル類は点日干しよりもふっくら柔らか、臭いも取れる、など利点もかなり多いかと思います

以上、今回は洗濯機選びのポイント2点、容量と乾燥機能について書いてみました
節水性は最近の洗濯機はどれも優れているので、上記に加えて、静音設計・槽洗浄機能・消臭機能など自分の欲しい機能をチェックし、選んでみてくださいね

人気のドラム式洗濯機、昔に比べて洗浄機能もぐんと上がってきています
5年以内のドラム式洗濯機は特に高価お買取りが期待できます
ナンバーワン買取センターでしっかりとお見積り致します